ドラッグストアの薬に関する情報サイト

ステロイドの含まれた塗り薬

ステロイドとは、副腎皮質ホルモンの薬のことで、内服薬と外用薬がある。治療目的は、湿疹、皮膚の炎症、じんましん、虫刺され、乾癬などの治療。皮膚疾患の治療には、ステロイド外用剤が主に使われる。様々な基準によって、概ね4から5段階にランクの強さに分類されている。外用剤は、局所に作用するものなので、全身に対する副作用はほとんど心配なく使うことができるといえます。しかし、副作用はあります。

光熱費込み、清掃費込み、インターネット即日接続できる大阪市淀川区のマンスリーマンション 大阪 大阪最安値に自信があります! お気軽にお電話下さい 0120-686-277

主なものは使用した部位にのみ生じるものと考えて良く、しかもそのほとんどは使用を中止することで回復します。ステロイドの副作用は使用している薬の種類、使用している場所、皮膚の吸収率、使用期間などによってそれぞれ違います。 皮膚萎縮・ステロイド紫斑・毛細血管拡張・多毛・感染症の誘発、悪化・副腎皮質機能低下・ステロイド緑内障・ステロイド白内障などが、おもな副作用です。

ドラッグストアとは健康と美容に関する医薬品や日用品をセルフサービスで買えるようにした小売業態です。

 

ステロイドの強さを段階的に見ると、

 

@最も強力・・デルモベート、ダイアコート、ジラフール、など
Aとても強力・・ジフラール、フルメタ、マイザー、リンデロンDP、メサデルムなど
B強力・・アンテベート、ビスダーム、テクスメテン、トプシム、リンデロンV(G)、プロパデルム、フルコートなど
C中程度・・ロコイド、アルメタ、グリメサゾン、ケナコルト、リドメックスなど 弱い・・キンダベート、パルデス、ロコルテン、テラ・コートリル、プレドニン眼軟膏、ネオメドロール眼軟膏、ケナログ、など

 

市販の外用薬(塗り薬)でステロイド入りのもは、 ・エマゼン軟膏(弱い)・オイチミンD、ベリベアー軟膏(中程度)・リビメックスコーワ(強い)・ベトネベートN、フルコートF(とても強力)などが、あります。

 

薬剤師 募集