ドラッグストアの薬に関する情報サイト

口内炎の塗り薬について

口内炎は、一般的に、好き嫌いが多く栄養のバランスが崩れた事が原因といわれる。アフタ性口内炎はヘルペスウイルスの感染や全身性熱性疾患、ことにウイルス感染症が誘因となり発生することが多くみられる。また虫歯や食べ物などによる機械的、化学的な刺激によっても発生し、明らかな原因がわからないものもある。まれにベーチェット病とよばれる病気の一部分症状として発生することがあるので、口内炎を繰り返す場合には詳しい検査を行い、原因をつきとめることが必要です。

光熱費込み、清掃費込み、インターネット即日接続できる大阪市淀川区のマンスリーマンション 大阪 大阪最安値に自信があります! お気軽にお電話下さい 0120-686-277

 

口内炎の塗り薬には、軟膏とジェルタイプがあります。

 

・ケナログ(塗り薬/ブリストル製薬)
主成分はトリアムシノロンアセトニド(ステロイド剤)。塗っても、しみることがなく、塗っている間は痛みもやわらぎます。慢性剥離性歯肉炎、びらん又は潰瘍を伴う難治性口内炎及び舌炎に効果的です。

ドラッグストアとは健康と美容に関する医薬品や日用品をセルフサービスで買えるようにした小売業態です。

・デキサルチン(塗り薬/日本化薬)
主成分はデキキサメタゾン(ステロイド剤)。ケナログに比べると、成分的には効き目は弱いですが、粘着力があり、こちらの方が効果がある場合もあります。
・アフタゾロン(塗り薬/昭和薬品化工)
主成分は上記デキサルチンと同じデキキサメタゾン(ステロイド剤)。効果・効能もデキサルチンとほぼ、変わりはありません。
・口内炎パッチ大正A(貼り薬/大正製薬)
シコンエキスとグリチルレチン酸を配合した非ステロイド性抗炎症薬。炎症部分をパッチで保護するため、食事中も痛みません。

 

薬剤師国家試験