ドラッグストアの薬に関する情報サイト

蕁麻疹の塗り薬について

じんましんは皮膚や粘膜のやや深い部分にできる水ぶくれで、血管の中を流れている血液の液体成分が血管の外にあふれ出てくるためにおこります。ほとんどの場合、皮膚の浅い層に皮疹(ブツブツや赤み)や大小いろいろなむくみ(膨疹)が現われます。そして、その部分に強いかゆみを伴う症状をじんましんと呼びます。

光熱費込み、清掃費込み、インターネット即日接続できる大阪市淀川区のマンスリーマンション 大阪 大阪最安値に自信があります! お気軽にお電話下さい 0120-686-277

多くのじんましんは、数分から数時間後に次第に消えてなくなりますが、症状によっては再発を繰り返すこともあります。じんましんの種類も、発症時間が短くて、すぐに治まるようなものを急性じんましんと言い、症状がなかなか治まらないままで、かゆみや発疹が続くものを慢性じんましんと言います。

ドラッグストアとは健康と美容に関する医薬品や日用品をセルフサービスで買えるようにした小売業態です。

 

じんましんは、赤味やかゆみの他にも、症状が強くなると、次々に新しい膨らみが出たり、範囲も広がってきます。症状によってはじんましんが融合してしまい、体のほとんどが覆われてしまう危険性もある。円形、環状、線形、地図状などの赤みがあるのが特徴です。

 

代表的な塗り薬として
・ユースキン(ユースキン製薬)この塗り薬の効能は、下着などの締め付けや我慢できないほどの肌のかゆみ、じんましん、皮膚炎、湿疹、かぶれ、あせも、ただれに効きます。
・マツウラの漢方軟膏(松浦漢方)これは、名医である、華岡青州が創案した軟膏であり、代表的な漢方薬の外用薬となっています。ひび、しもやけ、あかぎれなどの一般的な皮膚疾患に適しているので、常備薬にもなります。
などが、あります。

 

薬剤師 転職