ドラッグストアの薬に関する情報サイト

乾燥肌に優しい塗り薬

乾燥肌とは、肌(皮膚)の角質細胞間脂質と、皮脂の量が通常値よりも少なくなることで、肌(皮膚)から水分が蒸発し、表面がカサカサになる症状を言います。乾燥肌に伴う「かゆみ」は、刺激に対するかゆみの闘値が低くなって起こるものと言えます。

 

乾燥肌の原因のひとつである角質細胞間脂質と皮脂の低下は、アトピー性皮膚炎患者にみられる遺伝的な要素(患者の体質)によるものと、加齢や化粧品(石鹸)などによる後天的なものがある。 乾燥肌のかゆみが強い時や湿疹が出るなどの症状が出た場合、塗り薬で対処することが出来ます。

光熱費込み、清掃費込み、インターネット即日接続できる大阪市淀川区のマンスリーマンション 大阪 大阪最安値に自信があります! お気軽にお電話下さい 0120-686-277

 

皮膚を保護するために最初に塗るのが保湿剤です。白色ワセリン、ウレパール、ケラチナミン、ザーネ軟膏など、角質層まで保湿力を高める尿素が配合されている保湿剤が多いです。

ドラッグストアとは健康と美容に関する医薬品や日用品をセルフサービスで買えるようにした小売業態です。

 

塗り薬には種類があり、一般的な塗り薬として処方されているのが軟膏です。軟膏は、塗りやすく、皮膚を保護する効果も高く、肌への刺激が少ない塗り薬です。塗り薬には、クリームタイプやローションタイプもありますが、刺激が強いものが多く、独断で使用するのは危険なものが多くみられます。皮膚科医の指示や塗り薬の使用方法を守り、乾燥肌の症状や部位によって、塗り薬の種類や強さを使い分けるようにするべきでしょう。

 

乾燥肌の症状がひどく、強いかゆみや肌に掻き傷がある場合、かゆみ止めや湿疹の塗り薬が処方されます。 症状が軽い場合は、非ステロイド剤のオイラックス軟膏、レスタミン軟膏など、症状が重い場合は、ステロイド剤入りのベクラシン軟膏、ゲンタシン、などです。

 

薬剤師 就職