ドラッグストアの薬に関する情報サイト

塗り薬について

・メンフラゲル
50g(大正製薬)・・有効成分ピロキシカムが、痛みや炎症を増強させるプロスタグランジンの生成をおさえて、肩や腰のつらい痛みをやわらげる鎮痛消炎薬。

 

肩・腰・関節・筋 肉の痛みのある部分に優れた浸透力を示し、直接作用します。ニオイが気にならない無臭タイプで、塗りやすくしっとりなじむゲルです。

 

・アイスラブゲル(ロート製薬)
アイシングと3種類の有効成分の働きで、スポーツ後の筋肉や関節の疲れと痛みを改善する、ゲル状の塗り薬。3種類の有効成分が、痛めた部位にすみやかに吸収され、筋肉や関節の痛みやハレをやわらげます。

 

・バンテリンコーワ1.0%ゲル(興和新薬)
筋肉や関節の痛みをとるインドメタシン局所吸収薬。インドメタシンは、従来皮膚から浸透しないと言われていましたが、研究開発により皮膚から直接浸透させることができるようになりました。医療用と同じ1.0%の濃度のインドメタシンが、肩、腰、ひじ、ひざ、手足などの痛みのある部分に直接浸透して、効果を発揮するといわれます。

 

ドラッグストアとは健康と美容に関する医薬品や日用品をセルフサービスで買えるようにした小売業態です。

 

・メンソレータムのラブ(ロート製薬)
皮膚への吸収性にすぐれた成分を配合した消炎鎮痛薬。主成分のサリチル酸メチルとL-メントールが皮膚から浸透して、患部の血液循環をよくし、筋肉の痛みやこりをやわらげる。

 

・サロメチール(佐藤製薬)
サリチル酸メチル、サリチル酸グリコーを配合。患部にすりこむ事で、マッサージ効果を発揮する。患部の血液の流れをよくし、筋肉疲労やうちみ、ねんざなどに伴う炎症や痛みを抑える。運動後の筋肉疲労のケアや、運動前のウォーミングアップにも適している。

 

薬剤師 募集