塗り薬に関する情報サイト

塗り薬に関する情報サイト

患部の皮膚に塗る薬。塗布剤。皮膚に直接ぬることで、炎症(化膿、湿疹、痛みなど)を抑える薬。

 

皮膚から吸収され、皮膚表面やその近くに効く。効かせたい場所に直接ぬるので、飲み薬より効き目が早く副作用が少ないのが特徴。

 

ただし、お薬が体内に吸収されて全身に分布されるのは飲み薬と同じである。
一般に塗り薬といっても、いろいろなものがあり、その使い方も皮膚病だけに限らず、痛み止めや心臓の病気に使うものまで出てきている。

 

同じ成分の薬を含んでいても、皮膚の状態や部位によって、軟膏やクリームなどを使い分けます。 

 

塗り薬には皮膚の細胞の間を通って吸収される経路と、毛穴から吸収される経路がある。

 

皮膚の厚みによって、吸収の程度も違っており、てのひらや足の裏などは、毛穴もありませんし、皮膚も厚いので当然吸収が悪くなってきます。そのために、強めの薬が必要です。頬などは皮膚も薄くて、吸収が抜群なので、外用薬もそれに応じて選択します。

 

よくわかる調剤薬局のことなら

神戸の卓球教室、
卓球スクールをお探しの方へ
神戸スポーツ振興会

塗り薬の分類

塗り薬は皮膚病の治療や痛み・腫れを抑えることなどを目的として使われます。ひと口に塗り薬といっても、軟膏、クリーム、ローションなどその種類は様々で、皮膚の状態や使う部位によって、異なる種類の塗り薬を使い分けます。それぞれの塗り薬の特徴は以下になります。

 

『軟膏』油脂をベースとしたものは皮膚を保護する効果が高くなっていますが、ベタベタして洗い流しにくいという欠点がある。しかし、スムーズにのびて皮膚を保護する効果が高く、刺激が少ない。主に皮膚の状態が乾燥している時に使用します。

『クリーム』皮膚にしみ込みやすく、塗り心地もよくて水で洗い流しやすいという利点がある。軟膏にくらべて刺激は強くなる。 『ローション』頭など、薬を塗りにくい有毛部に使われることが多い。

 

『ゲル』塗った部分が膜で被われるので、密封性がよくなって薬が吸収されやすくなる。 『スプレー』広範囲なものに適している。 塗り薬の使うときのポイントは、使用前には、入浴や部分浴で患部を清潔にし、よく手指を洗います。塗る量の目安は、患部がしっとりとなる程度で、患部が広い場合には手のひら、せまいところは指、細かい箇所は綿棒を使って塗るとよい。強くこするとかえって刺激を与えてしまい、悪化させてしまう可能性があります。薬によっては使い方の説明書がついている場合もあるので、よく読んでから使用するべきです。また使用方法(塗る量や回数など)は医師によく確認し、指示に従って正しく使いましょう。

 

塗り薬の副作用

内服薬(飲み薬)と、外用薬(塗り薬)では薬剤の吸収経路が異なる為、現れる副作用も異なります。一般的には、飲み薬は、全身に作用し、外用薬(塗り薬)は局所に作用するものですので、外用薬(塗り薬)での副作用としては主に塗布部などに起こります。

 

同じ外用薬(塗り薬)を使っていても、塗る場所によって、副作用の起こりやすさは変わってきます。副作用が起きやすいところとしては、陰嚢や脇の下、顔などがあります。副作用の起きにくいところとしては、足の裏の皮膚などがあります。ここは、強いもので無いと効果が出にくいようです。

代表的な副作用に、ステロイドの副作用があります。 (皮膚萎縮)かなりの長期にわたってステロイド外用薬を使用していた場合に、まれに出やすい症状で静脈が透けて見えたりする。 (ステロイド紫斑)皮膚が全体的に薄くなってくるので、ちょっとした刺激ですぐに黒あざのようなものができてしまう症状。 (ステロイド潮紅)顔全体が赤くなり、酒さ様皮膚炎とも呼ばれています。成人によく、みれられます。

(接触皮膚炎)様々な植物や衣服、下着、金属、革製品などに触れるとかゆくなるなどの症状があらわれます。光線過敏症とともに、もともとこういう体質を持っている人もいますが、ステロイド外用薬による場合もまれにあります。

 

薬によっては、予測のつかない副作用・避けられない副作用もありますが、予測出来るものも多いですので、用法、用量などを必ず守り、どんなことでも遠慮せずに、医師や薬剤師に質問や相談をして、よく理解をして使用することが大切です。